小学生・女の子のオシャレ髪型(ショート編)おすすめ13選!

ヘアスタイル

ショートカットですと、なかなかアレンジもできないし、切るのも勇気がいることもありますが、子どものうちにしか似合わないショートカットスタイルもたくさんありますよ。

いきなりうんと短くするのに躊躇するお子さんには、ショートボブスタイルがおすすめです。長く伸ばしたくなったら、綺麗にスタイルをたもちつつ伸ばせますし、コテなどでアレンジしたりもできます。

ヘアカタログが参考になるホットペッパービューティ

イメージする髪型をスタイリストに伝えるのはとても難しいですよね。ヘアサロンにヘアカタログがある時もありますが、サロンによっては、何も置いていない場合もあるので、できるならイメージする髪型を事前に準備しておきたいものです。

そんな時にやくに立つのが、ホットペッパービューティーのヘアカタログです。気になる髪型やヘアサロンをブックマークにしておけるので、ヘアサロンですぐに見せることもできるので、とても役立ちます。

ホットペッパービューティー

小学生・女の子のオシャレ髪型(ショート編)おすすめ13選!

今回ご紹介する13スタイルをご参考にして、ぜひお洒落なショートカットスタイルにしてみてくださいね。

キッズ誉められカット

斜めに流した前髪がちょっと大人っぽいショートカットスタイルです。綺麗な丸みを出したシルエットは、誰にでも愛されそうなお洒落な髪型ですよね。ショートカットで女の子らしい綺麗めスタイルをお探しのお子さんにおすすめですよ。

キッズ、ショートバングボブ

短い前髪がキュートなショートボブスタイルです。子どもの可愛いおでこを出してあげるととっても愛らしくなりますよ。軽るめのワックスをつけてラフな毛束感を出してあげるとよりお洒落になりますよ。

☆キッズショート☆

ドライヤーで乾かすだけで綺麗にシルエットができるショートスタイルです。こういったスタイルですとスタイリングが苦手なママさんや、朝がいつも時間に余裕がないお子さんにとっても助かりますよね。

キッズスタイル

毛先を遊ばせたAラインシルエットのショートボブスタイルです。軽く毛先を内側に巻いてあげるとAラインが綺麗に出ますよ。ストレートボブに変化が欲しい時にもおすすめのスタイルです。

短め前髪☆楽チンボブ

短い前髪の前下がりショートボブスタイルです。まわりとはちょっと違う個性的でお洒落なショートボブをお探しのお子さんにおすすめですよ。元気でアクティブなお子さんにも似合いそうなスタイルです。

キッズマシュボブ

マッシュシルエットがとっても可愛らしいショートボブスタイルです。前髪も後ろも毛先に丸みを付けてあげるのがポイントです。普通のボブスタイルに飽きたらぜひしてみて欲しい髪型です。

大人っぽくショート☆

小学生の高学年にもなると大人っぽいスタイルにしたいお子さんも多いかと思います。ショートのパーマスタイルならゴージャスすぎずに大人っぽくできますよ。ムースやワックスで毛束感をだしてスタイリングしてあげてくださいね。

クレラップボブ

CMで人気のクレラップちゃん風の可愛いショートボブスタイルです。コテで綺麗に丸みを付けてスタイリングをするのがポイントです。動きをつけるとさらにおしゃれに見えそうですね。

ふわふわCUTE☆girl

ショートボブでもコテでくるくると巻いていけば、ふわふわの可愛らしいスタイルにアレンジができますよ。パーティーなどにもおすすめのスタイルです。可愛いワンピースにぜひ合わせてみてくださいね。

◆フレンチBOB◆

重めにカットしたシルエットがお洒落なフレンチボブスタイルです。ツヤツヤのストレートに仕上げるのではなく、ラフに乾かしただけのような感じにするのがお洒落にするポイントです。フレンチシックなファッションに合わせたいスタイルですね。

クルッとボブ×ザックリベビーバング

ざっくりとカットした前髪がとっても可愛いショートボブスタイルです。コテで毛先をくるっと一巻きしてあげるとより可愛くなりますよ。ちょっと個性的なショートボブをお探しのお子さんにおすすめです。

キッズ☆BOBstyle

重さのあるスタイリングのしやすいショートボブスタイルです。乾かすときに内に毛先をもっていきながらブローすると綺麗にまとまりますよ。

【 kids cut 】short

前下がりのお洒落なショートボブスタイルです。前下がりスタイルですので、後頭部も丸みがでてサイドからのシルエットも綺麗に見えますよ。乾かすだけで完成するスタイルなのも嬉しいですよね。

最後に

ショートでもいろいろ個性を出せるスタイルがたくさんありましたね。汗をかきやすい子どもにとって、乾かすのも早く済むショートスタイルはママさんからみても助かるレングスですよね。

いつもよりお洒落にしたい時は、コテなどでちょっと毛先を巻くだけでもシルエットを変えられますので、ファッションに合わせてやってみてくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧