子供に見せたいおすすめの人気ディズニー映画8選!

エンタメ

ディズニー映画は、ミッキーマウスを筆頭にたくさんのキャラクターたちが活躍する魅力いっぱいの映画ばかりです。夢と魔法のディズニーの世界は今も昔も子どもの心をグッとつかんでいます。映画だからこそ、子どもたちに素敵なファンタジーの世界を体験してもらいたいですよね。

今回は、数あるディズニー映画からお子さんにおすすめしたい映画を8本選んでご紹介したいと思います。ぜひご参考にしてみてくださいね。

「アナと雪の女王」

王家の姉妹の姉「エルサ」は触れたものを全て凍らせてしまう魔法の力を持っていることを隠し続けていましたが、ある日その力を制御できなくなり国を冬に変えてしまいます。妹の「アナ」は、国を元に戻すため、そしてエルサを救うために山男の「クリストフ」と雪だるまの「オラフ」と共にエルサの後を追って雪山へ向かう・・・

劇中の挿入歌が大人気となり、大ヒットしたこの映画は歌だけでなく姉妹の絆も描かれている感動の物語です。

「トイ・ストーリー」

「アンディ」のお気に入りの木製カウボーイ人形「ウッディ」のところに、アンディのお誕生日のプレゼントとして最新式のスペース・レンジャー「バズ・ライトイヤー」がやってきます。主役の座をとるべくウッディとバズが争ってしまうこととなり・・・

おもちゃが大好きな子どもにとっては、間違いなく楽しんで観てくれるのではないでしょうか。おもちゃたちが意思をもって喋ったり、動いたりするのがとっても面白いですよ。観た後はきっとおもちゃを大切にして遊んでくれると思いますよ。

「モンスターズ・インク」

モンスターシティの大会社「モンスターズ株式会社」は、エネルギー源である子どもの悲鳴を集めるために、日々子どもたちを驚かせ怖がらせていました。しかし、モンスターの世界では人間の子どもは有害であるとして、実はモンスターたちの方も子どもたちを恐れていました・・・

モンスターだけれど憎めないキャラクターたちがとっても愛らしく思える映画です。これを観たらモンスターなんて怖くなくなるかも?!

「アラジン」

貧しいけれど心は清らかな少年「アラジン」が魔法のランプをこすると中からとっても愉快な願いを叶えてくれる魔人の「ジーニー」が飛び出してきました。しかし、邪悪な右大臣「ジャファー」もその魔法のランプを狙っていたのです。ジャファーをやっつけて王女「ジャスミン」との恋を実らせることだけはジーニーには叶えることができません・・・

美しい映像と挿入歌で一気に映画の世界へ引き込まれます。ジーニーの愉快なキャラクターは子どもたちにも人気ですよ。

「ファインディング・ニモ」

元気いっぱいのカクレクマノミの子ども「ニモ」は、父親の「マーリン」の言う事を聞かずにサンゴ礁の外に出てしまい、そこで人間にさらわれてしまいます。マーリンは、親切だけど物忘れのひどい「ドリー」と共にいなくなってしまったニモを捜す旅へと出ることになります・・・

普段観ることができない海の中の世界を舞台としていますので、子どもたちも興味津々で観てくれるのではないでしょうか。

「美女と野獣」

魔女の呪いによって野獣の姿へと変えられてしまったわがままな王子は、魔法のバラの花びらの最後の一枚が散るまでに心から人を愛し、愛されなければ永遠に野獣の姿のままになってしまいます。ある日、野獣のもとに美しい娘の「ベル」がやってきます。呪いで家具や食器に変えられてしまった家来たちは、ベルこそこの呪いを解けるのではと期待するのですが・・・

アニメーション映画として初めてアカデミー賞にノミネートされたこの映画は、美しい映像と感動のストーリーで多くの人たちに愛されています。

「シンデレラ」

冷酷な継母と意地悪な義理の姉に毎日こき使われる心優しい「シンデレラ」は、いつか願いが叶うと信じ続けていました。ある日、宮廷舞踏会への招待状が届きます。やっと願いが叶うと喜んだシンデレラに義理の姉たちは舞踏会へ来ていくドレスを破ってしまうのです・・・

女の子なら一度はシンデレラの話にあるような綺麗なドレスにガラスの靴、豪華なお城や優しい王子さまに憧れるのではないでしょうか。

「カーズ」

天才で身勝手なレーサー「マックィーン」は「レースでトップになることだけが人生の全て」と信じていました。チャンピオン決定戦へと向かう途中で迷い込んだ田舎町の「ラジエーター・スプリングス」で個性豊かな仲間たちの「サリー」「メーター」「ドック・ハドソン」との出会いによってマックィーンの心に変化がおき始めます・・・

子どもが大好きな車のキャラクターたちがたくさん出てきます。カーズたちの感動の友情のストーリーです。

最後に

どれも観始めたら止まらない魅力いっぱいのストーリーばかりです。ディズニー映画は、子どもだけではなく大人も十分感動するものばかりですので、ぜひお子さんと一緒にディズニー映画で夢と魔法の時間を楽しんでみてくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧